法人クレジットカードは、個人事業主や法人向けのクレジットカードです。
ただ個人のクレジットカードを使っていると、わざわざ法人クレジットカードを発行する必要はないのでは?と感じることもあるようです。
プライベートとビジネス用の経費を分けたいのであれば、個人向けクレジットカード2枚を使い分ければ良いです。
法人クレジットカードの必要性を、それほど感じないという事業主も少なくはありません。

しかし個人向けクレジットカードを、ビジネス用に使うのはおすすめできません。
実は会社の経費などの支払いに使うことは、できないことになっているのです。
あまり知られていないのですが、個人向けクレジットカードはあくまで個人が使うことを前提に発行されています。
ビジネス用に使うことは歓迎されていないのです。
クレジットカードの規約でも、仕入れなどの目的で使うことを禁止していることがあります。

今まで個人のクレジットカードをビジネスの支払いに使っていたけれど?!という方もいるでしょう。
多少の支払いであれば、おとがめを受けることはありません。
ビジネス用の備品や消耗品などの購入くらいなら、それほど問題はないと思われます。
ところが企業への支払いなどが続いた場合、クレジットカード会社から待ったがかかることがあります。
実際にクレジットカード会社からビジネス用に使っていると判断され、強制退会となると警告された例もあるようです。
強制退会になると、クレジットカードの利用残高は一括での支払いを求められます。
それにそのクレジットカード会社では、もう審査に通ることは難しくなるでしょう。
個人信用情報に「強制退会」と登録されてしまうと、他のクレジットカードを新規発行することも難しくなってしまいます。
強制退会はなんとしてでも避けたい事態でしょう。

なのでビジネス用の支払いをするなら、法人クレジットカードがおすすめとなります。
法人クレジットカードは、ビジネス用に使うことを前提に発行します。
ビジネス用の支払いに使っても問題はありませんし、むしろたくさん使ってくれるとクレジットカード会社としてはありがたいです。
クレジットカード会社としては、どんどん法人クレジットカードを使って欲しいところでしょう。

個人事業主や法人にとって、法人クレジットカードはなくてはならないものです。
個人向けクレジットカードを使っているなら、強制退会を受ける前に法人クレジットカードに切り替えましょう。