ビジネス用に支出に、個人のクレジットカードを使ってはいませんか?
それなら法人向けクレジットカードの発行をおすすめします。
法人向けクレジットカードは、たくさんのメリットがあります。

・経費が見えやすくなる
プライベートとビジネスの支出を同じクレジットカードで行っていると、どれがどの支出なのかわからなくなってしまいます。
経費を計算するときも、手間がかかってしまうでしょう。
最初から個人と法人のクレジットカードを分けておくことで、経費の計算がラクになります。
法人クレジットカードの利用明細書を、そのまま帳簿として活用することも可能です。

・社員にも発行できる
社員が経費を立て替えると、後日精算をしなければなりません。
しかし法人クレジットカードを使えば、精算をしなくても良くなります。
利用明細を見れば社員がどのように経費を使っているのかも一目瞭然。
不正を防止する効果もあります。

・経費の削減ができる
ポイントがたまる法人クレジットカードを使えば、ポイントで経費を削減することができます。
ポイントで備品や消耗品の購入をする、ポイントを出張時の旅費に充てる、ポイントをコンペなどの景品と交換をするなど、さまざまな使い方ができます。
法人クレジットカードのポイント還元率は0.5%くらいですが、バカにできません。
またクレジットカードで支払いをすることで、振込手数料を節約できるメリットもあります。

・ビジネス向けのサービスがある
会計ソフトの利用料金優待、タクシーチケットの利用、航空券や宿泊施設での割引、オフィス用品の割引など、ビジネスで役立つサービスが法人カードには多々あります。
個人のクレジットカードにはないサービスばかりなので、法人カードを発行しておいて良かったと思うこともあるでしょう。

・支払いを先伸ばしできる
法人クレジットカードは、使った時点で支払いが行われるわけではありません。
1か月~2か月ほど支払いを先伸ばしすることができ、その間に資金を別のところに使うことができます。
キャッシュフローは経営には大きな駅用を与えるものですから、これは法人クレジットカードの大きなメリットと言えるでしょう。

法人クレジットカードには、以上のようなメリットがあります。
これだけでも法人クレジットカードを発行した方が良いと思った経営者も多いのではないでしょうか。
まだ法人クレジットカードを使っていないなら、ぜひ取得を考えてみてください。