クレジットカードには、いくつかのランクがあります。
法人クレジットカードにも一般クラス、ゴールドカード、プラチナカードなどがあります。
個人向けクレジットカードには最高クラスとなるブラックカードがありますが、現在のところ法人クレジットカードにブラックは存在していないようです。
将来的に搭乗する可能性もありますが、現在はプラチナカードが最高のステータスがある法人クレジットカードとなります。

法人クレジットカードは、どのクラスを発行するのが良いのでしょうか。
日常的に使うのであれば、一般クラスでも良いでしょう。
一般の法人クレジットカードでも、十分使えるものが多いです。
ただステータスやサービスの質を求めるのであれば、ゴールドカード以上がおすすめです。
その方が見た目がかっこよく、信用度が高い法人というイメージを与えることができます。

最高のステータスを誇る、プラチナクラスの法人クレジットカードの取得を目指すのもおすすめです。
ただプラチナカードはインビテーションがないと発行できなく、自分には敷居が高いと感じているケースもあるようです。
個人向けプラチナカードは、確かにクレジットカード会社からのインビテーションが必要となるものが多いです。
しかし法人クレジットカードになると、自ら申し込めるプラチナカードは少なくありません。
個人向けクレジットカードより法人クレジットカードの方が、プラチナカードは発行しやすいと言えるでしょう。

またプラチナカードは、年会費が高すぎて費用の負担が大きすぎるという声もあります。
5万円以上の年会費になることもありますので、それを考えると無理にプラチナにする必要性は感じないかもしれません。
ただプラチナカードであっても、手ごろな年会費の法人クレジットカードもあります。
たとえばセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは、年会費20,000円(税別)です。
しかも年間200万円以上のカード利用があれば、翌年度の年会費が半額の10,000円まで下がります。
ゴールドカードクラスの年会費になるなら、プラチナカードの方がお得度は高いでしょう。
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスはプライオリティパスが付帯し、コンシェルジュサービスもあります。
旅行保険の補償金額も高く、おすすめの法人クレジットカードです。

現在一般クラスやゴールドクラスの法人クレジットカードを使っている事業主も、のちのちはプラチナクラスを狙ってみてはいかがでしょうか。