クレジットカードは本人確認書類と決済用の口座があれば、発行できると言えます。
場合によっては収入証明書や親権者の同意書などが必要になることもありますが、それほど多くの書類は必要ないと言えるでしょう。

法人クレジットカードの発行には、登記簿謄本、印鑑諸名所、代表者の本人確認書類、法人口座などが必要になります。
この中で取得が難しいのは、法人口座ではないでしょうか。
法人口座が取得できなく、法人クレジットカードを発行できない…というケースも少なくはありません。

法人口座は金融機関に申請をして開設をします。
個人の口座ならカンタンに開設することができるのですが、法人口座の場合は審査があります。
法人口座を新規開設して犯罪に使用されるケースが目立つため、審査は非常に厳しくなっているようです。
そのため何度申込をしても、審査に落ちることも珍しくありません。
比較的審査が厳しくないインターネット銀行などを狙うのがおすすめです。

法人クレジットカードを発行するには、まず法人口座が取得できるようにしなければならないでしょう。
審査に通過するには事業の実態があること、信用があることをアピールする必要があります。
法人のホームページを作る、固定電話を設置するなどすると、審査に有利になるようです。
ただ個人事業主は、個人の口座でも法人クレジットカードの決済に使用できます。
無理に法人口座を作る必要はありません。

そして法人クレジットカードの発行に一番必要なのは、「信用」になります。
信用がない法人にクレジットカード会社は、クレジットカードを使わせることはしません。
法人としての信用につながるのは、設立年数と経営状況です。
設立年数が長ければ、経営が安定していると思われます。
黒字が続いていれば、法人クレジットカードを使っても支払いができると思われます。
そのため法人クレジットカードの発行には、設立から2年以上、黒字経営という条件があるのです。

また法人としての信用を上げるには、借入が少ない方が良いでしょう。
多額の借入があると、お金に困っている法人というイメージを与えてしまいます。
経営破たんにつながる可能性も高く、法人クレジットカードを発行するのは危険と思われてしまいます。
借入金額は法人の規模により多い少ないは変わってきますが、少ないに越したことはありません。
借入金額がそれほど多くなくても、借入件数が多いと審査に不利になることもありますので注意をしてください。