法人クレジットカードを使うメリットはいくつもあります。
しかしデメリットが全くないわけではありません。
法人クレジットカードには、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

・年会費がかかる
法人クレジットカードは、年会費無料が少ないのが現状です。
年会費の負担は避けられないでしょう。
年会費の負担を少なくしたいなら、年会費が低い法人クレジットカードを選んでください。
1,000円~2,000円程度の年会費となる法人クレジットカードなら、それほど年会費の負担を感じずに済むでしょう。

・選択肢が少ない
個人向けクレジットカードは、非常にたくさんの種類があります。
新しいクレジットカードもどんどん出てきています。
選択肢が多いので、自分に合ったクレジットカードを見つけやすいでしょう。
しかし法人クレジットカードは、それほど種類はありません。
個人向けクレジットカードを何十種類も発行しているクレジットカード会社でも、法人クレジットカードは数種類しかない…ということがほとんどです。
種類が少ないと、多少妥協をして選ばなければならない可能性も出てきます。
ただ近年は魅力的な法人クレジットカードが登場してきているようです。

・審査に通りにくい
法人クレジットカードは、個人向けクレジットカードより審査が厳しい傾向にあります。
審査に通るためには、法人としての信用が必要となります。
設立から2年以上、2期以上の黒字経営など、法人口座があるなど、審査通過するにはクリアしなければならない条件があります。
カンタンに発行できるとは言い難いでしょう。
しかしそれほど審査が厳しくない法人クレジットカードも存在しています。
法人より個人の信用を重視した審査を行う法人クレジットカードや、設立から間もなくても発行可能な法人クレジットカードなどもあります。
審査が不安であれば、審査があまり厳しくない法人クレジットカードを選ぶと良いでしょう。

・使いすぎることがある
法人クレジットカードがあると、手元に現金がなくても支払いをすることができます。
今必要がないものを購入してしまったり、1つで良いところを2つ購入してしまう…といったことが起こりやすいです。
資金繰りを考えずに使ってしまうと、支払いが大変になってしまうでしょう。
法人クレジットカードを使う時は、計画的に使用するのが大切です。
調子に乗ってあれもこれも法人クレジットカードで購入してしまおう!なんてことはやめましょう。